東京の起業の費用をカットするバーチャルオフィスを活用しよう

Virtual Office

低コストで会社としての機能が持てるバーチャルオフィス

外国人

実際の作業スペースを持たないオフィスとして「バーチャルオフィス」と呼ばれるサービスがあります。バーチャルオフィスは月額料金でレンタルすることで、オフィスがある場所の住所や電話番号を使用することができ、仕事場とは別に会社としての住所や電話番号を持つことができるサービスといえます。
個人で仕事をしている場合や自宅を作業場として使用しているような場合など、会社としての住所や電話を分けたいという方には有効なサービスとして提供されています。会社宛に届いた荷物や郵便物は元の住所へと転送され、電話も同様に転送されて任意の番号にかかってくるという仕組みです。
バーチャルオフィスごとにサービスには違いがあり、面会や商談などのために会議室や応接室が利用可能なオフィスや、会社にかかってきた電話に受付が電話対応を行なってくれるバーチャルオフィスもあります。都内の一等地にあるバーチャルオフィスでも、物件を借りるよりも格安で利用することができ、費用的な負担がかからないというのも大きな特徴です。そのため初期費用が必要な起業して間もない会社などが、一時的にバーチャルオフィスを利用して会社としての機能を持たせるといった使われ方も珍しくありません。

choices

post list