東京の起業の費用をカットするバーチャルオフィスを活用しよう

Virtual Office

SOHOで仕事をするならバーチャルオフィス利用がおすすめ!

会議

あなたがSOHO(ソーシャルオフィス ホームオフィス)で事業を始める場合、問題となるのが住所(事業所の所在地)です。クライアントの信用を得るためには当然、身元を明らかにする必要があります。このとき、ホームオフィスだからといって自宅の住所をwebに公開することは、個人情報流出や犯罪被害防止の観点から、あまりお勧めできません。
こうした問題を安価かつ手軽に解決する方法として、バーチャルオフィスの利用があります。バーチャルオフィスは、あなたのビジネスに使用できる実在の住所をレンタルしてくれるサービスです。バーチャルオフィスを契約すると、指定の住所を自分のオフィス所在地としてwebや名刺に記載することができます。もし法人化を考えている場合は、登記上の所在地としても使用できます。
オフィスを実際に借りれば、数万円~十数万円の賃料がかかりますが、バーチャルオフィスであれば数千円程度の利用料で、郵便物の転送サービスまで完備しているところが多いです。スモールビジネスで成功するためには、無駄な経費の圧縮は必要不可欠です。ビジネスの安全と効率化を考えるあなたにとって、強力なツールになりうるバーチャルオフィスを利用してみてはいかがでしょうか。

choices

post list